二重まぶたにする方法

二重まぶたにする方法は二重整形がベストである理由を紹介しています。一重、奥二重に悩む女性で綺麗な二重まぶたになりたい方はぜひ参考にしてください。

二重まぶたにするにはどのような方法を取れば良いの?

美を意識している女性ならば、「二重まぶたにするにはどのような方法を取れば良いの?」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

確かに、一重まぶたと二重まぶたでは顔全体の印象が大きく変わり、前者では以下のようなイメージを相手に与えてしまいます。

  • 目が細い
  • 眠そう
  • 暗そう
  • 全体的にぼやけている
  • 怒っているのではないか

その点、二重まぶたならば「目が大きくて可愛い」「明るい」「美しい」という印象を与えられるため、何とかして二重まぶたにしたいと考える女性が多いのです。

私も以前から一重まぶたで悩まされており、以下のような方法を試してきました。

まぶたのマッサージや筋トレ、エクササイズをする

私と同じように、目元をマッサージして二重まぶたにしようと試みている女性は増えています。

「マッサージして一重が二重になるならば苦労しない」と考える女性は多いものの、実は意外と理に適っているのです。

二重まぶたのラインを維持するには支えるための筋力が必要で、日常生活で目を常に大きく動かすような訓練をしなければなりません。

しかし、どんなマッサージやエクササイズでも根本的な一重まぶたの改善にはならないのがデメリットです。

私もある程度の期間に渡って試してみましたが、そこまで大きな変化を得ることはできませんでした。

二重のラインを維持するような筋トレは意外と難しいですし、他の方法を試した方が良いというのが結論です。

アイプチやアイキュレを使用する

二重まぶたにする方法としてアイプチやアイキュレも有名で、私も10代後半からずっと行っていました。

いちいち説明する必要はないかもしれませんが、一時的に二重まぶたにするためのコスメアイテムがアイプチやアイキュレで、使い続けているうちに自然とまぶたにラインが形成されていきます。

「自宅で簡単に処置できる」「たったの13日で二重まぶたになれる」「自然な二重を手に入れることができる」というキャッチコピーで注目を集めているものの、これらの方法も根本的な二重の改善には繋がりません。

二重まぶたにするには美容整形という方法もあり

私は上記のような方法で二重まぶたを手に入れるために努力してきましたが、そこまで大きな変化を得ることはできませんでした。

そこで考えてみたのが美容整形で、手術を受けるためのお金を貯めながら二重まぶたにするケアを行っていたという感じです。

美容整形には高額な費用がかかりますし、何が何でも手術を受ければ良いというわけではありません。

それでも、上記でご紹介した方法には以下のようなデメリットがあります。

マッサージや筋トレのデメリット

  • 確実な効果を得ることができない
  • 二重まぶたを手に入れるまでに時間がかかる
  • あまりにもやり過ぎていると皮膚が荒れる

アイプチやアイキュレのデメリット

  • 間違って目の中に液体が入ると視力の低下に繋がる
  • 頑固な一重で悩んでいる女性はバレやすい
  • 水に弱いので汗で簡単に取れてしまう
  • 皮膚に大きな負担が加わり目が腫れる

アイテープのデメリット

  • アイプチと同じように目元が腫れぼったくなる
  • ボロボロと皮膚が剥がれやすい
  • 下を向いたり目を閉じたりした際に不自然な印象になる

アイプチにしてもアイテープにしても化粧やメイクで二重まぶたにしているに過ぎませんし、敏感肌の女性はトラブルを引き起こしやすくなります。

その点、美容整形ならば一度手術を受けるだけで自分の理想とする二重まぶたを手に入れることができますし、近年ではメスを使わない埋没法という手術も取り入れられました。

私も最初は美容整形と聞き、「後遺症が残るのではないか?」「危険性の高い治療なのではないか?」という不安があったのは事実です。

しかし、二重埋没法ならばメスを使わずに針と細い医療用の糸を使ってまぶたの内側から留めるだけですし、生体との反応も安定しているのでアレルギーの心配はありません。

もちろん、術後に傷跡が残るという心配はなく、二重埋没法という二重まぶたになる手術を知ってから私は美容整形を選択しようと思いました。

二重埋没法にデメリットがないわけではなく、切る施術(切開法)と比べて持続効果が短く、3年間から5年間程度で50%程度の確率で元の一重まぶたに戻ってしまいます。

それが絶対に嫌なのならば、永久的な効果を得られる整形を美容皮膚科や美容クリニックで受けてみるのが良いかもしれません。

私が二重整形を行ったのは湘南美容外科クリニックで、有名な医療機関ということで一度はその名前を聞いたことがあるはずです。

技術力の高い専門医による手術を受けられたのでトラブルや後遺症はなく、安全性が非常に高いことが分かりました。

それに、湘南美容外科クリニックは大手の医療機関ということもあり、以下のように個人の施術の目的によって最適な整形プランを提案してくれます。

  • 手軽に安い価格で二重にしたい
  • ダウンタイムを少なくして二重にしたい
  • できる限り二重を長持ちさせたい
  • 目元の印象を大きく変えたい
  • 目を大きくしたい
  • 目元を若返らせたい

もし、自力の方法で二重まぶたにすることができないのならば、選択肢の一つとして美容整形を考えてみるのは良いのではないでしょうか。

湘南美容外科クリニックでは無料カウンセリングが取り入れられているので、一度気軽に相談してみてください。

<<湘南美容外科クリニックで気軽に相談する>>

二重まぶたにするために湘南美容外科クリニックで美容整形を受けよう

このページでは、二重まぶたにするために湘南美容外科クリニックでどのような美容整形が実施されているのか詳しく説明していきます。

「二重整形の方法について知りたい」「どんな方法で一重を改善できるのか知りたい」という女性は参照してみましょう。

ナチュラルベーシック法

  • 極細の医療用の糸をまぶたの数ヶ所に埋め込む方式
  • 短時間で施術が終わり二重が取れにくく長持ちする
  • アイプチ感覚で受けられるので痛みが心配な方でも安心
  • それでも痛みで不安を抱える女性にはヒーリング麻酔をオプションで選択できる

腫れづらいばれづらい二重術

  • 心臓血管外科用に開発された専用の糸をまぶたに埋め込んで二重を作る方式
  • ナチュラルベーシック法よりも長期間に渡って二重が長持ちする
  • 極細の糸を使って埋め込むので自然な二重を作ることができる
  • 術後の腫れが抑えられるのでダウンタイムが短く直ぐに日常生活へと復帰できる

フォーエバー二重術

  • 糸を埋め込む埋没法の中でもほとんどの女性が一重に戻らない
  • 埋没法なので皮膚を切ることは無く施術時間も10分〜15分と短い
  • 術後の腫れが目立ちにくく2日後からメイクが可能
  • 皮膚のたるみが強い人やまぶたが腫れぼったくなっている人におすすめ

クイックコスメティーク法

  • 究極に腫れづらくその日から化粧が可能な安全な方法
  • まぶたのたるみが出てきた方や目力のある二重を手に入れたい女性におすすめ
  • 施術時間が15分間と短く二重の持ちも良い

全切開法二重術

  • 皮膚をメスで切開してラインに強固な二重を作る術式
  • 必要に応じて眼窩脂肪も除去できるのでまぶたのたるみが気になる方におすすめ
  • 埋没法による二重整形でラインが取れてしまう人に最適
  • 手術時間は60分、ダウンタイムは1週間と長いものの半永久的に二重が持続する

上記のように、湘南美容外科クリニックでは様々な方法の二重整形が実施されており、個人の要望に合わせて最適なプランを専門医がおすすめしてくれます。

埋没法にしても切開法にしても両方の手術には別のメリットがあり、「気軽に二重を手に入れたい」「ずっと二重のまま過ごしたい」と女性が抱える大きな悩みを解決してくれるのです。

美容整形で一重まぶたから二重まぶたを手に入れることができ、今までとは違って自分に自信を持てるようになりました。

「メイクをするのが楽しくなった」「オシャレが楽しくなった」「前向きに生活できるようになった」と感じているのは決して私だけではないはずです。

二重まぶたへの整形で全ての悩みが解決されるわけではありませんが、現在では身体に負担をかけることなく安全に手術を受けることができます。

整形に対する悪いイメージが取り去られているからこそ、一重から二重になろうとクリニックで手術を受ける女性が増えているのです。

実際に手術を受けたことでどのような変化が得られるのか、湘南美容外科クリニックの公式ホームページの症例写真を見てみましょう。

二重まぶたへの整形だけではなく、その他の美容整形の症例数が湘南美容外科クリニックでは多く、たくさんの患者さんに処置を行っているのが大きな特徴です。

もちろん、クリニックへと訪れて無料カウンセリングを受ければ、サイトでは掲載されていない画像も見せてくれるので一度足を運んでみてください。

<<無料カウンセリングの申し込みはこちら>>

二重まぶたへの整形にマイナスイメージを持っている女性へ

二重まぶたへの整形に関してマイナスイメージを持っている女性は意外と多く、これは仕方がないのかもしれません。

なぜ整形に対してマイナスイメージを持つ女性が多いのか、私なりに考えてみました。

  • メスや針を使って手術が行われるのでトラブルが引き起こされるのではないかと不安になる
  • どんな美容整形でも保険が適用されないので高額な費用を支払わなければならない
  • ガラリと印象を変えることができても周囲の人間にバレる可能性がある

確かに、高額な費用を支払わなければならないのは最大のデメリットで、美容目的の治療や手術には健康保険が適用されないのです。

二重まぶたの整形も同じで費用の全てを自費で負担しなければならず、方法によって異なるものの数万円から数十万円程度の費用はかかります。

しかし、近年では美容整形を行う女性が増えて「整形人間」というレッテル貼りも無くなり、自分が求める美を手に入れられるということでポジティブに捉えられるようになりました。

過去のようなマイナスのイメージは特にありませんし、医療技術の発達によって遥かに安全に処置を受けられるようになったのです。

上記でもご説明しましたが、二重まぶたの整形に関しても切る施術の切開法だけではなく、切らない施術の埋没法やクイックコスメティーク法など幅広い方法が取り入れられています。

顔や身体にコンプレックスを抱えているのならば、「整形は絶対にダメ」「整形だけは行ってはいけない」「整形だけは避けなければならない」と我慢せずに検討してみてはいかがでしょうか。

美容整形によって綺麗な自分を手に入れることができれば、以前よりも明るくなって前向きな気持ちで生活できますし、ストレスを溜め込んだり卑屈になったりという状態から抜け出ることができます。

以下では、整形によってどのようなメリットが得られるのかまとめてみました。

  • 現状の見た目を大きく変えて綺麗になることができる
  • 昔からのコンプレックスを解消できる
  • エステサロンとは違って医師が施術を担当するので信頼性がある
  • 性格が明るくなってポジティブな生活を送れる
  • 自分に自信を持てるようになり様々なことにチャレンジできる
  • 手術を受けられる医療機関が増えて選択肢が多くなった
  • 化粧やマッサージのような不確かな効果とは大きく異なる

私は一重まぶたから二重まぶたになり、自分の顔が以前よりも遥かに好きになりましたし、毎日の化粧も楽しくなっています。

仲の良い友人には美容整形を打ち明けましたが偏見の目で見られることはなく、「え?本当に整形したの?分からなかった」と言われてビックリです。

後ろ向きな気持ちで生きていると顔にも出てしまいますし、何事も良い方向へといかないのではないでしょうか。

もちろん、10代といった若いうちから美容整形をするのはあまりおすすめできませんし、「整形して綺麗になる=幸せになれる」という方程式は成立しないことを心得ておかなければなりません。

それでも、美容整形へのマイナスイメージは取っ払って欲しいと個人的に思いました。

生まれつきの悩みを解消できるのが美容整形ですし、コンプレックスやストレスを溜め込まない生活を送っていれば病気の予防にも繋がります。

私が手術を受けた湘南美容外科クリニックは無料カウンセリングだけの利用もOKなので、まずは一度訪れてみてください。

<<湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングはこちら>>